2010/10/23 (更新日:2010/10/23)

ひき逃げ公判、証人が「真犯人は自分」と告白

交通事故&スポーツ情報

10月21日(木)

 茨城県笠間市内で8月、トラックでひき逃げ事件を起こしたとして笠間署に出頭し、自動車運転過失傷害罪と道交法違反(ひき逃げ)に問われた同市内の男性 被告(28)の公判が20日、水戸地裁であり、証人尋問で出廷した被告の知人男性(29)が「本当は自分が運転していた」と述べ、真犯人であると打ち明け た。

 水戸地検が慎重に裏付け捜査を進めている。

 起訴状では、被告は8月6日未明、同市内でトラックを運転中、女性(当時30歳)の軽乗用車と正面衝突し、相手に重傷を負わせたのに逃走した、とされた。

 ところが、知人の証言によると、2人は前夜、栃木県内で酒を飲み、知人の運転で事故を起こした。被告は助手席にいたが、逃走後、「自分の車なので俺が出 頭する」と持ち掛けると、知人も「拘置はそれほど長くないだろう。自分も逃げたい」と容認。被告が出頭し、逮捕されたという。 (ニュースより)

関連記事

新着記事

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > ひき逃げ公判、証人が「真犯人は自分」と告白

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 042-566-6440