2010/10/08 (更新日:2010/10/08)

遼5位発進!ジャンボ後継2差/国内男子

交通事故&スポーツ情報

 キヤノンオープン第1日(7日、神奈川・戸塚CC西C、7168ヤード、パー72)2年ぶりに出場した石川遼(19)=パナソニック=が4バーディー、 1ボギーの69で回り5位発進。前日ゴルフ世界殿堂入りした尾崎将司(63)から『平成のAON』に指名された次代のエースが、今季3勝目に挑む。5アン ダー67をマークした宮里優作(30)と富田雅哉(33)が首位。尾崎将は2オーバーの61位だった。

 猛虎のような黒のウエアと黄色のパンツで決めた石川が、豪快なドライバーショットを連発。首位に2打差の5位と好位置につけた。

 「精いっぱいのプレーをした結果。トップと差が開いてなくて、少しラッキーかな」

 前半の13番パー5では残り233ヤードの第2打を3Iで振り抜き、軽く2オン。2パットのバーディーとした。2番パー5でもティーショットを310ヤード飛ばし楽々バーディー。いずれも振り抜くスイングを心がけた結果だ。

 この日、2番と16番で計測したドライビングディスタンスは、平均311・50ヤードでランク2位。飛んで曲がらないトータルドライビングでも1位と絶 好調をアピール。さらにパッティングも「ほとんど不安はない。自分の思ったところに打てている」。再三のバーディーチャンスを逃したが2日目以降はビッグ スコアも期待できる。

 これで後半戦6戦のうち、「コカ・コーラ東海クラシック」の15位を除き、5戦でトップ10発進。優勝争いに加わる第1条件をクリアした形だ。

 前日にはゴルフ世界殿堂入りした尾崎将に花束を贈呈。池田勇太(24)、薗田峻輔(21)との3人で、ジャンボから『平成のAON』に指名された。「こ の1年の活躍じゃダメ。この3人がずっと長い期間盛り上げていけたら、1つの時代があったと皆さんに思ってもらえる」と、“後継者”としての責任を口にす る。

 今大会で優勝すれば、賞金3000万円が加わり、3年連続獲得賞金1億円突破となる。さらに97、98年のジャンボ以来となる2年連続年間3勝も達成できる。

 「パットは毎週よくなっている。先は明るい」

 男子ゴルフの“メモリアル・ウイーク”の最後を、石川が華々しく彩るつもりだ。     (ニュースより)

関連記事

新着記事

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 遼5位発進!ジャンボ後継2差/国内男子

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 042-566-6440