武蔵村山市・東大和市のスポーツ整体・骨盤矯正は 森の風接骨院へ

東大和市の「森の風接骨院」交通事故の治療・むち打ちの治療もお任せください! 「ホームページを見て」と ご連絡ください。

0120-570-493
ご予約フォーム

ご予約フォーム

駅前院はこちら

2009年6月24日(水)   クルム伊達公子13年振りにウィンブルドンの芝の上に!

クルム伊達公子13年振りにウィンブルドンの芝の上に!

 クルム伊達公子(38)が女子シングルスのワイルドカード(主催者推薦枠)で本戦の出場権を得た。
 96年に一度引退を表明して以来13年ぶりの出場となる。

クルム・伊達公子(世界ランキング138位) 対 C・ウォズニアッキ〔デンマーク〕(世界ランキング9位)

 第1セットは、接戦の末7-5で先取しましたが、ウォズニアッキに第2、第3セットを連取され、逆転負け。

 第1セットは、まさに伊達ペースで、積極的にネットへ詰め20歳年下の相手を翻ろうていました。
 ブレイクに次ぐブレイクで、観ていてすごく面白かったし、
「伊達公子スゲェ~」のひと言に尽きると思います。

 後半は、逆に伊達が裏を衝かれだし最後は右脚を引きずってプレーしていました。多分逆を衝かれて、芝で脚が滑ったときに痛めたんだと思います。
 途中、伊達がトレーナーを要求しアイスマッサージをしていましたが、私ならテーピングもしていました。
 あの状態でプレーをよく続けたと思います。肉ばなれしていないか心配です。
 

 伊達公子のプレーヤーとしての復活は、たくさんの人に夢を持たせてくれていると思います。
 次も頑張ってくださ~い!!

 ちなみに、伊達公子と私は同郷です。高校の時の日本史の先生は、伊達公子のお兄さんと親友です。 
                関係ないですけど・・・

  三多摩地区のテニスでの怪我には、スポーツケア専門外来へ

Page Top