武蔵村山市・東大和市のスポーツ整体・骨盤矯正は 森の風接骨院へ

東大和市の「森の風接骨院」交通事故の治療・むち打ちの治療もお任せください! 「ホームページを見て」と ご連絡ください。

0120-570-493
ご予約フォーム

ご予約フォーム

駅前院はこちら

日本女子、32年ぶりのメダルを引き寄せた「心と力」=世界バレー

最後の1球は、レフトの木村沙織(東レ)に託された。
 佐野優子(イトゥサチ=アゼルバイジャン)からの二段トスを打ち抜き、2枚のブロックを弾いたボールがサイドラインを割る。両手を握り締め、笑顔で何度も何度も飛び跳ねて喜びを表す木村の周りを14人の選手とスタッフが囲む。
「コートの中も外も、みんなが同じ気持ちで戦うことができました。今日の試合(米国戦)も、途中から出た選手が助けてくれたから勝つことができたんです」
 32年ぶりのメダルとなる、銅メダル獲得。木村が言うように、世界選手権の最終戦(3位決定戦)は、まさにチーム一丸でもぎ取った勝利だった。
 2セット目から江畑幸子(日立)に代わった石田瑞穂(久光製薬)はバックアタックで流れを呼び込み、4セット目から井上香織(デンソー)に代わった荒木絵里香(東レ)は、真鍋政義監督が「今日の勝因」と挙げた値千金のサービスエースで勝利を引き寄せた。
 ともにベンチスタートの2人、ましてや石田は最終ラウンドのブラジル戦まではベンチに入ることすらできずにいた。試合に出られない鬱積(うっせき)を抱えながらも、石田が果たした功績を荒木はこう明かす。
「中国に負けた次の日の練習で、一番いい声を出して盛り上げてくれたのが(ベンチアウトの)石田と濱口(華菜里=東レ)でした。ただ支えるだけでなく、試 合に出ることに対してもいつもアグレッシブに取り組む姿をみんなが見ていたから、その思いを最後の試合でみんなが分かち合って戦うことができたんだと思い ます」

敗れはしたものの、ブラジルから2セットを先取した日本

敗れはしたものの、ブラジルから2セットを先取した日本。

 とはいえ、全員が「勝ちたい」と思っても気持ちだけで勝つことはできない。最終戦の勝因であり、今大会を通して効果を発したのがサーブだった。
 スタッフが全試合のデータを収集して整理し、膨大な情報の中から狙い所を明確にする。たとえばブラジル戦では、ジャケリネ・カルバリョは前後の揺さぶり に弱く、ナタリア・ペレイラは左右に動かされた状態での返球率が悪いことを伝える。そこにプラスしてローテーションごとの数値を示し、いつどこで誰が誰に 打てば崩れるか。ポイントを絞り込んだ結果、1、2セットは完ぺきに近い展開でブラジルのリズムを乱すきっかけをつくった。
 米国戦で3本のサービスエースを取った井上も「通過点を低く、ネットすれすれを狙った後は深めに打つ。技術のポイントがはっきりしていたので、(サーブを打つ際に)精神面で追い込まれることが少なく、8秒ギリギリまで使って自分のペースで打つことができた」と言う。
 的確なポイントを狙うためのサーブ力向上を夏以降のテーマに掲げた成果は随所で発揮された。そして最も効果的な場面、最終セットの3-3で米国の意気を消沈させるサービスエースをとったのは、やはり木村だった。         (ニュースより)

メグもよくやった! 選手の復活、リハビリを応援する森の風接骨院
やったね!ニッポン 男子もがんばれー!

Page Top