武蔵村山市・東大和市のスポーツ整体・骨盤矯正は 森の風接骨院へ

東大和市の「森の風接骨院」交通事故の治療・むち打ちの治療もお任せください! 「ホームページを見て」と ご連絡ください。

0120-570-493
ご予約フォーム

ご予約フォーム

駅前院はこちら

錦織圭、準々決勝で敗れ4強入りならず/チェンナイ・オープン

★ATP男子テニスツアー(ATP250)
■Aircel Chennai Open 2011 , Chennai, India (Hard)

1月7日、インドのチェンナイで行われている2011年シーズンの開幕戦、チェンナイ・オープン(賞金総額$398,250、ハード)のシングルス準々決勝が行われ、ノーシードから勝ち上がってきた世界ランク98位の錦織圭(21歳)は、第6シードで同ランク49位のヤンコ・ティプサレビッチ(26歳、セルビア)と対戦したが、4-6 4-6のストレートで敗れ準決勝進出はならなかった。

初対戦となった一戦、第1セットは序盤、互角に激しい打ち合いが展開されたが、第7ゲームでティプサレビッチが先にブレークに成功。少ない チャンスを活かしたティプサレビッチがそのまま6-4で先制した。第2セットは、第2ゲームで先に錦織がブレークに成功するが続く第3ゲームでブレーク バックを許し追いつかれると、第7ゲームで再びブレークを許すと、反撃のチャンスを許してもらえず、第1セット同様、そのまま6-4で押し切られた。

今日の錦織は、ストローク戦では随所に非凡な才能を見せ、互角以上の打ち合いを見せたが、サービス力の差でティプサレビッチに軍配が上がった。ティ プサレビッチは5本のエースを叩き出し、71%の高い確率で力強いファーストサービスを成功させた。一方、錦織は66%の確率で成功(エースは1本)させ たものの、相手の体制を崩し続くラリーで優位に立つまでの展開にはできなかった。結果、3度のブレークを許してしまった。

翌週から、新コーチのブラッド・ギルバートを迎え、錦織をどう進化させてくるかにも注目が集まる。翌週はエキシビション大会への出場、そして、翌々週の17日からは、4大大会の初戦、全豪オープンに出場する。

シーズン初戦の今大会、錦織は準々決勝まで進んだことにより、ランキングポイント45を獲得した。
ニュースより

Page Top