武蔵村山市・東大和市のスポーツ整体・骨盤矯正は 森の風接骨院へ

東大和市の「森の風接骨院」交通事故の治療・むち打ちの治療もお任せください! 「ホームページを見て」と ご連絡ください。

0120-570-493
ご予約フォーム

ご予約フォーム

駅前院はこちら

錦織圭凄い!快進撃!!

錦織、初対決フェデラーに敗れる!惜しいーツアー2勝目ならず…男子テニス


 ◆男子テニス スイス室内最終日(6日、スイス・バーゼル) シングルス決勝で、世界ランク32位の錦織圭(21)=ソニー=は同4位のロジャー・フェ デラー(30)=スイス=に1―6、3―6で敗れ、08年デルレービーチ国際選手権以来のツアー2勝目を逃した。5日の準決勝で世界1位のノバク・ジョコ ビッチ(24)=セルビア=を破る大金星を挙げた錦織は自身3度目のツアー決勝に臨んだが、元世界1位にストレートで完敗した。

 連日の大金星はならなかった。最後は錦織が甘く返した球をフェデラーにたたかれた。元世界王者がガッツポーズで地元ファンの大歓声に応える一方で、錦織 は肩を落としてうなだれた。それでも、錦織は「今日戦えて本当にうれしい。素晴らしい大会になった。また帰ってきたい」と表彰式で胸を張った。

 世界最高の4大大会16回の優勝を誇るフェデラーとの初対決。錦織はフェデラーに指名されて練習相手を務めたこともあるが、戦いの場では元世界王者の実 力を見せつけられた。錦織はネットプレーも織り交ぜて突破口を探ったが、フェデラーに終始、主導権を握られた。第1セットは第1ゲームからサービスを破ら れて30分弱で落とすと、1度も相手サービスを破れないまま第2セットも押し切られた。

 日本男子初のツアー2勝目は逃したが、収穫は大きかった。今大会は初戦で世界7位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)に勝利。5日の準決勝では、今季の 4大大会で3回の優勝を飾った世界1位のジョコビッチを破る大番狂わせを演じた。68年のオープン化(プロ解禁)以降、日本男子が現役の世界王者に勝つの は初の快挙だ。

 今大会の準優勝でランキングのポイントは300点を獲得。10月17日付のランキングで30位となり、松岡修造と並んでいた日本男子最高位の46位を塗 り替えたばかりだが、7日発表の最新ランクでは24位前後まで上がる見通しとなった。錦織は「年内に30位以内に入ることが目標」と話してきたが、トップ 20入りも目前に迫ってきた。世界の頂点を目指し、錦織の挑戦は終わらない。

 ◆錦織 圭(にしこり・けい)1989年12月29日、島根・松江市生まれ。21歳。5歳からテニスを始め、13歳で米フロリダにテニス留学。08年2 月のデルレービーチ国際選手権で日本男子2人目のツアー優勝を達成。同年の全米オープンで日本男子71年ぶりの16強入り。今年10月に世界ランキング 30位となり、日本男子最高位を19年ぶりに更新。 今回の結果で、次は世界ランキング25位前後になる見込みです! (スポーツニュースより)

Page Top