武蔵村山市・東大和市のスポーツ整体・骨盤矯正は 森の風接骨院へ

東大和市の「森の風接骨院」交通事故の治療・むち打ちの治療もお任せください! 「ホームページを見て」と ご連絡ください。

0120-570-493
ご予約フォーム

ご予約フォーム

駅前院はこちら

金星は必然的だった ザック監督歴史的1勝「まだまだ成長できる」

ザックジャパンが歴史的勝利で白星発進した。アルベルト・ザッケローニ新監督(57)率いる新生日本代表は8日、FIFAランク5位のアルゼンチンを 1―0で破る大金星を挙げた。前半19分、MF岡崎慎司(24=清水)が相手GKのはじいたボールに詰めて記念すべきザックジャパン1号を決め、若手中心 の守備陣も完封。対アルゼンチン戦は7戦目にして初勝利となった。12日には宿命のライバル韓国と対戦する。

 柔和なイメージの名将が両拳で力強いガッツポーズを繰り返した。前半19分、試合開始からベンチ前に仁王立ちのザッケローニ監督に笑みがこぼれた。縦へ 縦へ――。FW岡崎の決めたザックジャパン1号は、わずか4日間の合宿で注入したザック監督の攻撃哲学が体現されたものだ。過去6戦全敗、FIFAランク 5位の強豪をデビュー戦で退ける偉業。まさに歴史的勝利となった。

 試合後の会見では無数のフラッシュを気持ち良さそうに浴びた。「アルゼンチンは、世界でもスペインと並ぶ最強チーム。試合のアプローチは緊張しました。 選手には1つだけ、勝ちたいのであればチーム力で上回れ!と伝えた。選手は合宿で伝えたものを表現してくれた。ネガティブな要素はノーだ。結果には満足し ている」。最後まで笑みを絶やさなかった。
 随所にしたたかな観察眼も光った。試合直前までミーティングを開き、徹底してアルゼンチンのビデオを見せた。守備をしないメッシ、テベスの裏に弱点を見 つけ、攻撃の狙いを定めた。DF内田が「凄い分析だった」とうなる。試合中もMFダレッサンドロに守備難を見つけると「15番を狙え」と的確に指示。さら に長谷部、遠藤には「右サイドを使え」と伝えた。唯一のゴールはその右サイドから。もはや大金星は必然的だった。
 ベースは堅守でW杯16強入りを果たしたチームと変わらない。だが90分間、センターラインの守備を固め、各選手ともポジションに戻ってからのプレスを 徹底させた。その守備がアルゼンチンを苦しめた。「今回、私が以前から抱いていたものが確信に変わった。日本の選手はクオリティーがある。だが、まだ気付 いていない選手も多い。まだまだ成長できるよ」。指揮官も自信を深めた。  (ニュースより)

凄いぞ!ニッポン

Page Top